身だしなみアイテムの紹介やグルメ、書籍、ゲーム、雑貨、占いレビューなど

カカオロック

グルメ

【バタフライピー体験】色が変わるお茶を実飲!甘みがあって優しい味わいだった!

投稿日:

スポンサーリンク

以前にテレビで紹介されていた東南アジアのハーブティーを購入しました。

テレビでは澄んだ青色のハーブティーに(これだけでも美しいのですが)ライムをかけることで紫に色に変化する様子を映していて、そのあまりもの美しさに出演者もテレビの前の私も「ほえ~」と見とれてしまってました。

www4.nhk.or.jp

これは欲しい・・・

見た瞬間、そう思いました。

いかにも東南アジアのトロピカルな雰囲気が澄んだブルーの液体に感じ取れましたし、それがさらに爽やかな紫色に変わって、背景の緑や陽光に照らされている姿は「高貴」という言葉が浮かんだくらいですから。

ということでですね、早速購入させてもらいましたよ。

そして青色から紫色へとカラーチェンジしていこうではありませんか!

バタフライピーの紹介&開封

まずは軽く紹介を。

英名:バタフライピー

タイ名:アンチャン

日本名:チョウマメ

・インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」で使われていた

・主要成分のアントシアニンは、ブルーベリーやブドウなどに含まれる青紫色の色素

・活性酸素の発生を抑制する抗酸化物質

・美容や目の健康に良い

という感じです。(by wikipedia「Clitoria ternatea)

今回買ったのは100gのタイプ。

結構入っています。

中身を見てみましょう。

見事な青色です。

香りはベリーのような感じ。

では早速お湯につけてみましょうか。

青色の様相を呈し始めましたね。

これが噂のバタフライピーの美しきスカイブルーか・・・

しかもまだまだ序盤ですよ?

溶け始めたバタフライピーの色素の本気はこれからなのです!

バタフライピーの色変化と味わい

1分後、バタフライピーの色変化はついに完成しました。

美しい・・・

まるで南の島の海を見ているようだ・・・

ただし香りは乾燥状態のベリー風味から随分変わって「野菜の根っこの部分」的な匂いがしますね。いやむしろ野菜の葉のような香りといいますか。

このままでも良いのですが、さらなる色変化を求めて”あれ”を入れちゃいましょう。

ライム!

これを・・・

搾り取るべし!

おおおおおっ!

そしてっ!

完成です!

素晴らしい色の変化。

テレビで見た通りの青⇒紫にチェンジしましたね。

色合い的には最初のマリンブルーが良かったのですが、このパープルも高貴な人の飲み物のような感じでナイスです。

肝心の味わいですが、ストレートで飲んだときは、香りの癖のある匂いとは別に、甘めでまったりとした味わいを感じ取れました。

ライムを入れて飲むと「ライム味」が濃厚に口の中で漂います。

いやむしろ「ライムティー」な様相ですね。

まったりと甘め、優しい風味が特徴のバタフライピーの色変化を楽しみましょう!

まとめ

色合いの美しさはまさに評判通りで素晴らしかったです。

味わいはまずまず、といったところですね。

香りが少しクセがあるかなと思うので、気になる場合はライムやレモンを入れれば随分と美味しくなるかと思いますね。

アントシアニンも入ってヘルシー、見た目も華やかなので来客用にも、憩いのひと時にもぜひどうぞ~

 

スポンサーリンク


-グルメ

Copyright© カカオロック , 2019 All Rights Reserved.